U-SPECの考え・想い

代表取締役の田辺秀昌からのごあいさつ

現在、不動産仲介業を営んでいる業者様の中で集客に満足している業者様がどれくらいあるでしょうか?ほとんどの業者様が満足していないのが実態です。その中でも特に中小企業様は苦戦を強いられているのが現状です。

一方、大手不動産仲介業者は苦戦はしているものの、持ち前の「カンバン・資金・人」により集客を優位に進めております。今後更に仲介業者間の集客競争は激化し、より多額の広告費を掛けられる業者様がより有利となるに違いありません。大手と中小との差はより大きくなり、今後ますます大手有利、大手の一人勝ちの構図が進んでいく中で皆様の会社では月間どれ位の広告費を使っておりますか?そして集客1件あたりのコストはいくら掛かっておりますか?

そもそも企業はどの業種であっても経費(人件費や広告費)を掛けてそれ以上に売り上げを上げる事が目的の営利団体である以上、広告運営は経営の根幹に関わる重要な要素です。広告は掛ける金額が大きいほど効果は上がります。その結果、広告費が多額な大手企業は中小企業より有利な広告運営をしております。

しかし、大手仲介業者と中小の仲介業者とでユーザー様の住み分けはできません。大手も厳しい集客事情ですので、中小企業様用にユーザー様を譲ってくれる事など有り得ません。また、大手は広告運営を中小企業様より有利に行っておりますので、1件あたりのコストは安くなります。

  • 金額、効率で不利に立たされている中小企業様が勝つ方法は何かあるでしょうか?
  • 仲介手数料無料・割引などの独自サービスを展開
  • 未公開物件などの物件情報収集を強化
  • ざっと思いあたるのはこれ位ですが、いずれも大手も可能な事であり、大手が有利な事でもあります。 この様な現状を踏まえて、今後中小仲介業者様が生き残るのは非常に厳しいと言わざるを得ません。
    しかし、私も中小仲介業者様の一員でありますが社員、家族のためになんとしてでも生き残っていかなくてはなりません。

そこで、私が生き残りをかけて設立したのがU-SPECなのです。

1.仲介手数料無料を浸透させたい

私がU-SPECを立ち上げた理由の一つに「仲介手数料無料・割引を世の中に浸透させたい」との思いがあります。
多くの他の業界では価格競争が当たり前となっておりますが、なぜ不動産仲介業界にはないのか?との疑問があるのです。ユーザー様の視点に立った場合、価格競争は当然のサービスであり、市場の原理だと思います。
私も仕事を離れれば一ユーザー様の一人ですので、ユーザー様にとって何よりのサービスである価格競争は全ての業界で行って欲しいと思っております。
私が実施する事のできる不動産業界では、
一人でも多くのユーザー様に仲介手数料無料・割引のサービスを利用して頂きたく思っております。

2.大手に対抗

昨今、不動産仲介業界は中小・大手企業を問わず非常に厳しい状況にあるかと思います。
その中でも大手は、ブランド力、資本力、人材力と全てにおいて、我々中小企業より有利と言えます。
しかし、そんな大手と対等に渡り合っていかなくてはいけないのが不動産仲介業だと思っております。
多くの他の業界の様に大手ではできないサービスを中小企業が行うという事に見習う上でも、価格での勝負は避けられないものだと思います。
しかし、現在では大手企業でも仲介手数料の割引が行われておりますので、
『より徹底して大手企業ができないことを中小企業が行う』
というある種基本に立ち返る事で大手不動産業者に対抗していこうと思っております。

3.生き残りの方法

私は常日頃から、どの様な業界でもユーザー様視点に立てない企業は衰退をしていくものと思っております。
このままでは不動産仲介業者は衰退し生き残れない恐れがあると危惧しておりますが、不動産仲介業においてユーザー様の視点に立つということは、価格競争を避けては通れないものと思っております。
しかし、中小の不動産仲介業者にとって価格競争は非常に厳しいものであるとも認識しております。
他にも広告活動や成約率の向上など生き残るためには様々な、研究、工夫、効率化が避けられません。
これを実現させるには、業者間でのあらゆる協力が不可欠と考えております。
業者間での情報交換などを効果的に行う事で、時には異業種からのアドバイスなども受けながら
共に向上していくことが生き残りの唯一の方法と思っております。

4.スケールメリット

業者間での情報交換をする事で一社で向上を行うよりも、より効率的かつコスト面でも有利になる事が多々あります
広告活動などもその一つで、一社で行うと不必要な競争が働き無駄が出てしまいますし、昨今集客に不可欠なホームページやシステムの開発などは最たるものだと思います。
特に大手不動産仲介業者の様なホームページを制作しようと思うと数千万単位の費用が必要となりとても一社で捻出できる金額では大手には対抗ができません。
しかし、複数の中小企業が協力、費用の分担をすることで大手にも負けない資本力となり十分対抗しうる広告活動やユーザー様へのサービスの提供が可能となります。

5.高すぎる広告費

昨今の不動産仲介業の広告活動はWebが中心となっております。
紙媒体のチラシなどに比べ費用対効果が高い事は明らかですが、決して中小企業にとっては安価とは言えません
これは広告とは他社との競争でもありますので、競争が激しければ広告業界にはありがたい事となります。
また、エリアを絞って広告を行なったりとできるだけ効果的な広告を実施したいものですが、まだまだ十分で、効果的な広告となっていないのが現状ではないでしょうか?
しかし、広告費の圧縮は経営上避けては通れない課題だと思っております。
『広告費をなるべく圧縮しつつ費用対効果の高い広告を実施し、必要な数だけ集客する』
これこそが今後クリアするべき課題だと思っております。
そのためには業者間で協力、棲み分けをし、無駄な広告をしない事が不可欠だと考えております。

6.営業マンは営業に専念させる

営業マンは営業に専念して頂き、集客などは管理職または代表者が専門に行う事が大事だと考えております。
集客はコストとの絡みもありますし、緻密なデータの解析が不可欠ですので、営業マンがやるのは無理だと考えます。
代表者などが効率のよい広告活動で、より多くの集客をし、事務スタッフが営業マンに繋げるまでの過程をこなす。
このカタチを作ることで、営業マンはユーザー様の対応に専念することができ、より成約率を上げる事ができます。これが、一番低コストで売り上げが上がるシナリオです。
そのためには、
・代表者や管理職の代わりに集客を担当する部署
・事務スタッフなどでもユーザー様とやり取りができる仕組み
が不可欠だと考えております。今回その両者をU-SPECでご用意いたしました。

7.今ある人材・設備でできることが大事

業者間の情報交換や更なる広告の効率化などの改善点はどの仲介業者にも不可欠だと思いますが、設備投資や人件費の拡大は経営を圧迫いたしますし、なによりも即効果を出す必要があると考えております。
そこで、今あるもので即効果を出すことを考え開発いたしましたのが『U-SPEC』のシステムです。
このシステムは私が数年間実施してきて得たユーザー様とのコミュニケーションノウハウを他の仲介業者様にも簡単にご利用して頂くために開発いたしました
ユーザー様には極力手間を掛けずに問い合わせをして頂くための機能を用意し、仲介業者様にはユーザー様からの問い合わせに対し、誰でも簡単にスピーディーに処理できるための機能を中心に用意いたしました。
仲介業者様は、新たにホームページを制作する必要がなく、また広告活動はU-SPEC本部にて一手に行い低コストにより効率よく集客をし、集客後のユーザー様とのやり取りも誰でも簡単にできるシステムをご提供しております。

8.WinWinの関係

業者間の協力関係やU-SPECとの役割分担にせよ、両者が向上していく事が何より大事だと思っております。
U-SPECとの役割分担とは、仲介業者様には広告費を分担していただき、U-SPECは広告活動やシステムの開発をしていきます
また、さまざまな営業ツールなどのご提供や、数多くの仲介業者さんとの情報交換から得られる情報、ノウハウなどもご提供いたします。
U-SPECは過度な社屋も人員も必要ありませんので、収益のほとんどを新たな機能の追加・開発や広告活動費に投資する事が可能です。

  • 仲介業者様には広告費を分担して頂く代わりに、ユーザー様やシステムなどをU-SPECから提供する
  • U-SPECは仲介業者様に分担していただいた費用で、更に多くの仲介業者様とお付き合いをして収益を上げる

U-SPECは導入不動産会社様がいてこそ成り立つ企業であり、U-SPEC単体では存在意義のない企業と言えます。導入不動産会社様とU-SPECが役割分担を明確に行い、お互い強みを発揮できる分野を集中的に担当する事により、ライバル会社より精度の高い業務をこなす事により勝ち抜いていく、これが私の考えるWinWinの関係です

9.更なる発展

仲介業者さまによってはある時点でU-SPECから離脱して頂く事も考えております。
これは、仲介業者様側が自社で集客やシステムを構築できる体制が整った時点のお話です。
更なる発展をして頂くためには、自社でより多くのノウハウの蓄積やシステムの所有をする事により、より自社にあった更に効率的な集客やユーザー様とのコミュニケーション方法が必要だと思っております。
業者様あるいは代表者の方のそれぞれにビジョンや想いがあるかと思います。そのそれぞれのカタチを実現する更なる発展に必要なものを、U-SPECでは惜しみなくご提供させて頂きます

10.U-SPECの必要性

今後、不動産仲介業者にとって何が必要となるかは私なりの意見をこれまで述べさせて頂きましたが、私の経験上は今あるもの、会社の形、スタイルを変えるのは相当な労力とコストが掛かります。必要だとは分かっていてもなかなか実行できない事情をどの企業様も抱えてるかと思います。
しかし、時は待ってくれません。
ライバル会社が向上を始めたのならば、一刻も早く向上を始めないと取り残され会社が衰退していく恐れがあります。
仲介手数料の無料・割引サービスは、私が実施し始めた時にはまだほとんどどの仲介会社も行っていませんでした。
それが今では東京・神奈川エリア内だけで200社を超えております。今後は、様々な環境、ユーザー様の考え方などが変化していくことが予想されるかと思います。
まずは、今ある資産、人員で実現でき、かつ低コストで営業活動を実施するために、是非U-SPECをご利用頂ければ幸いです。